男性

関節痛は日常生活に陰りをさす存在!サプリメントで筋力低下を防ごう

健康食品で効率よく

年配の人

認知症に効果

認知症は、脳の神経細胞が次第に壊れていったり、脳内の血流が止まってしまうことで起きると言われています。そして、DHAは、脳の神経細胞の1つ「シナプス」を柔らかくする効果があるとされています。シナプスが柔軟になれば、情報伝達がスムーズになります。つまりは、神経細胞が強化され、記憶力や集中力の向上へとつながるわけです。また、DHAには、コレステロールを低下させ、血液をサラサラにする効果があります。よく比較されるEPAと異なり、脳に入ることができる数少ない栄養素でもあります。したがって、脳内の環境を改善する栄養素と言えるわけです。結果として、認知症の予防についても効果があるとされています。正しい生活習慣とDHAを継続して摂取すれば、認知症予防として、高い効果が期待できます。

EPAとの摂取で全身健康

DHAの健康食品には、まず100%と言って良いほどEPAが配合されています。DHAもEPAも魚の脂肪に含まれるものだからです。主に脳で働くDHA、血液で効果を発揮するEPAを同時に摂取することで、全身の健康維持が期待できます。また、両方とも、血液をサラサラにする効果がありますが、そのプロセスは少し異なります。DHAはコレステロールを下げる効果が強いのに対し、EPAは中性脂肪を下げることを得意とします。つまり、一緒に摂ることで、血液をサラサラにする効果が倍増するのです。ただし、摂取しすぎは、要注意です。脂肪ですから、取りすぎれば胃にそれだけ負担がかかります。飲む量は、記載の内容をしっかり守りましょう。なお、マーガリンやマヨネーズに含まれる、トランス脂肪酸は、DHAやEPAの働きを阻害します。できるだけ、トランス脂肪酸フリーのものを使うなど、工夫を行いましょう。